もうすぐ子供が生まれるというワクワクで、迎える準備も楽しかったあの頃。

あれも買って、これも買って…と買うものリストを持って赤ちゃん本舗でいろんなものを買いました。

その結果、 12万9千円の出費。。(アホか!?)

必需品だから仕方ないとはいえ、なかなか青ざめた記憶は今も忘れません。

ある程度計算してレジへ持っていけよ!と今となっては思いますが、そんな理性はワクワク感が簡単に吹き飛ばしてしまっていたんですね(恥)

レジで金額が出た時は、思わず旦那と顔を見合わせてしまいました。

その時の出費の驚きもありましたが、

 

「子育てってこんなにお金がかかるのかー!!」

 

という将来への不安も大きくのしかかってきたような気がします。

結局、その中の一部は兄弟からの出産祝いとして貰えることになったので、実際の出費額はもう少し減りましたが、それでもそんなに蓄えのなかった(今もですがw)私たちの家庭で子供を育てていくことができるのかなーって不安もありましたね。

価格破壊の衝撃!

そして時は流れ、 こども園に入園する準備をすることになった我が家は、初めてリサイクルショップへ行ってみることにしました。 外遊びで汚しても良いような服をこども園に置いておくとのことだったので、多少汚れていても安い服をいくつか買おうと思ったのがきっかけでした。

どうせ予備だし、あんまり着ないうちに小さくなるんだったら多少汚くてもリサイクル品でいいんじゃないかなと。

ですが、リサイクルショップに並んでいる商品を見て、あまりのキレイさに驚きました。ほとんど新品といっても良いような状態のものがいくつも並んでいるではないですか!

しかも、恐ろしく安い!

まさに価格破壊w

これまで買っていた服や靴の半額以下でキレイなものが買えちゃうなんて。。

なんで最初からリサイクルショップで買わなかったんだと後悔するほど。どうせすぐに小さくなっちゃって着れなくなるのだからリサイクルショップでいいか。という妥協感すらなくなってしまいます。

むしろ、最初っからリサイクルショップで買いたい!って思っちゃうようになりました。それくらい価格の差は大きいです。

サイズが小さくても我慢して着させるようなことはなくなるかなと思います。

お下がりの循環ができたら最高!

そんなリサイクルショップよりもさらにお得に服が手に入るのが「お下がり」ですw

その中でも、貰ってあげられる関係性の人が見つかれば、それはもうベストマッチですよね。

うちはたまたまママ友の一人が、向うのお姉ちゃんから貰ったものを下の子が着て、うちの上の子の服を向うの弟が着るという年齢構成になっているので、お互いwin-win関係が築けているのです。

しかも、いつもオシャレなアイテムが回ってくるという最高の環境。

一方的に貰うだけだったら、たまにはお返ししなくちゃなーって思うでしょうけれどこの関係性ではそれもなく。

まぁ、お下がり循環ができる人がいなくても、リサイクルショップに売るということでもOKだと思います。あまり高値がつくことはないかもしれませんが、新しい服の割引き程度にはなりますからね。