頭皮がかゆい時のシャンプー(子供用)選びのコツは?夏場にかゆくなる原因と対策も

子供の頭皮がかゆいといつもボリボリと掻いていてかわいそうになるほどです。

頭皮がかゆくなる理由は大人も子供も変わりはありませんが、子供のかゆみ対策としてはどういったことをすべきでしょうか。

ここでは子供の頭皮のかゆい対策についてまとめてみました。

頭皮がかゆい時のシャンプー(子供用)選び

子供の頭皮が痒いときの解消法として、シャンプーを替えてみるというのは有効な手段の一つです。

日頃使っているシャンプーを替えただけで頭皮のかゆみが収まったという話はよく聞きます。また子供に限った話だと親のシャンプーを使ったら翌日から頭皮のかゆみが出たということもよくあるので、シャンプーと頭皮のかゆみの関係は密接なんだなーと思います。

新しくシャンプーを買い直す場合、どれを選んだらよいか迷いますよね。というか、何を基準に選んだら良いかもわかりません。

子供の好きなキャラクターがついているシャンプー(プリキュアとか戦隊モノとか)を選ぶことが多いかもしれませんが、子供の頭皮のかゆみを解消するために買い直す時は、低刺激タイプのシャンプーを選ぶと良いかもしれません。

低刺激ならどれでも合うとは言い切れませんが、頭皮のかゆみが収まる確率としては低刺激のシャンプーの方が高いでしょう。

頭皮のかゆみとフケの原因は何がある?

子供に限った話ではありませんが、頭がかゆい時に頭皮の状況を確認するとフケがたくさん出ているということがあります。

フケが出る原因としては主にこうした原因が考えられます。

  1. 頭皮に合わないシャンプーやトリートメントを使用している
  2. 冬場の乾燥や夏場の日焼けなどにより頭皮に炎症を起こしている
  3. (3か月頃までの赤ちゃん)脂漏性湿疹、保育園や幼稚園などの集団生活でかかりやすい頭シラミなどの疾患

フケが出ている時もやはり、まずはシャンプーを替えただけですんなりとかゆみもフケも収まったということはよくあります。

頭皮に炎症が起きている場合は薬を塗ることで早い段階で治めることができるので、かゆみがある時に頭皮の状況を確認することは大切です。

皮膚科での治療は?

頭皮がかゆくフケも出てる場合、皮膚科ではどんな治療をすることになるのでしょうか。

頭皮に炎症が起きている場合は炎症を鎮める塗り薬が、日焼けや乾燥が原因によるかゆみの場合は保湿剤としてプロペトなどの塗り薬が処方されることが多いです。

そのほか、全体にフケがある場合はシャンプーのやり方を指導されたり、髪が蒸れた状態で帽子をかぶっていないか尋ねられたり。普段の生活のなかで頭皮のかゆみの原因になっていることを指摘することはよくあります。

シャンプーを替えるだけでかゆみが収まらない場合は皮膚科を受診してみるのも良いでしょう。

夏場に頭皮がかゆくなる原因と対策法

夏に子供の頭皮が痒くなる原因として多いのは、頭皮の蒸れによるものです。

子供は大人より汗っかきですし、新陳代謝が良いから毎日シャンプーしないと頭皮に細菌が繁殖してしまいます。それがニオイの原因になるのは誰しも理解できると思いますが、その細菌が悪さをしてかゆみが起るのです。

汗をかいたまま帽子をかぶっているとますます蒸れて細菌が増えます。対策法としては帽子をかぶるとしてもたまに帽子を取って風を入れたり、頭に汗をかいていたら帽子をかぶらないようにすることが効果的です。

そして毎日頭を洗って清潔に保つことが大切です。洗髪後のタオルドライは良いですが、30分間も頭にタオルを巻いているとそこでまた頭皮が蒸れてしまいます。かゆみを解消したいのであればあまり頭皮を蒸れたままにしないように心がけたいですね。